5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ようやく、しおらしくなってきた韓国サッカー2285

42 :日本サッカー, 'Nakamura典型'に変化:2005/03/28(月) 11:44:18 ID:v7ZWl3qS0
[マイデイリー 2005.03.28 08:12]
韓国と同じく中東遠征の途で痛恨の一撃にあった日本サッカー代表チームが
来る 30日起る 2006ドイツワールドカップアジア最終予選 3次戦バーレーンとの
ホームゲームで大大的な変化を予告した.

日本のスポーツだ `ニッポンスポーツ`は 28日(以下韓国時間) 埼玉訓練場で戦術訓練に突入した
ジーコ日本サッカー代表チーム監督がイラン前で必勝カードで取り出したフォーバッグシステム
代わりにスリーバッグで回帰する可能性が高いと明らかにした.

日本は去る 26日開かれた 2006ドイツワールドカップアジア最終予選 B組競技で
NakadaHidetoshi(フィオレンティーナ)を攻撃の始発点にする 4-4-2 典型でイランに対立したが,
布帛戦術完成度の不十分という課題のみを残したまま 1-2に惜敗した.

だからジーコ監督はイラン前でプレーメイキングの役目をまともに消化することができなかった中田代わり,
Nakamuraスンスケ(レジナ)を中原のコンダクターに立てて後方に 3人の守備手を布陣させる
3-5-2 システムの復帰を示唆したこと.
これは去年中国アジアンカップ準決勝戦でバーレーンを圧した日本の典型でもある.
当時日本はミッドフィルダーEndoが退場される悪材の中に後半 40分守備手Nakazawaが劇的なヘディングゴールを
入れて延長戦に突入したし, 他ことにの決勝ゴールで大接戦のピリオドを付けることができた.

去る 2002年 10月発足したジーコ代表チームは去るイランとの競技まで 25勝9分け10敗のソングゾックピョウル残した.
おもしろい書き入れ時は日本がスリーバッグシステムを使った場合成績が
16勝4分け2敗(49得点 16失点)ですぐれた一方, フォーバッグシステムを運営した時は 9勝5分け8敗(25得点21失点)に落ちるという点だ.

(キム・ドクズン記者 djkim@mydaily.co.kr)
- いつも楽しいマイデイリー(www.mydaily.co.kr) 著作権者 c。 マイデイリー. 無断転載&再配布禁止 -


MOMO!

337 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)